素人では難しい庭の木の剪定は是非専門の業者へ!|Agriculture Sector
HOME>注目記事>素人では難しい庭の木の剪定は是非専門の業者へ!

ガーデニングの基本

庭師

美しい庭を保つためには、水や肥料を与えたり雑草を抜いたりして、さまざまな手間をかける必要があります。その中でも素人には難しいとされるのが剪定です。庭いじりが好きな方でも、剪定だけは専門業者に依頼する場合が少なくありません。

難しさの理由

剪定

樹木が一本だけならまだしも、生け垣などの枝ぶりを綺麗に整えるのは結構な重労働です。真夏の暑さや真冬の寒さも体に堪えますし、高齢の方には大変な作業になるでしょう。また素人が剪定をすると、どうしても不揃いになってしまうというデメリットがあります。特に松の枝などは、プロが剪定しないとマトモな形になりません。専門業者に依頼すれば労力と時間の節約になるだけでなく、定期的に利用することで常に庭を心地よく保てます。

樹木の種類で異なる

「桜切る馬鹿梅切らぬ馬鹿」という諺があるように、剪定方法は樹木の種類によって変える必要があります。桜のように枝を切ると腐りやすくなる木もあれば、梅のように切らないと花が咲かなくなる木もあります。また剪定に適したタイミングを守ることも大切です。プロはどの枝を切れば大きな花が咲くか、全体のバランスが良くなるかといったことを考えながら、不要な枝だけを剪定していきます。これも専門業者に依頼するメリットのひとつです。

業者を選ぶときは

庭の剪定を業者に依頼するときは、できるだけ相見積りを取って料金を比較してみましょう。現在では無料で見積りをしている業者も少なくありません。ただし安ければ良いというわけではなく、作業の内容をキッチリと説明してくれるかどうか確認します。造園業の資格を持っている業者なら、技術的には信用できると考えてよいでしょう。庭木の種類や剪定のタイミングは地方によって違うので、基本的には地元の業者に依頼するのが安心です。

広告募集中